Luxeritasで記事ごとにnoindexを設定する方法(プラグイン不要)

Luxeritas(ルクセリタス)は、人気のWordPress無料テーマです。

 

サイト全体の評価を上げるためには、

「質の低いコンテンツはGoogleの検索結果に表示されないようページをnoindexにする」

というのがSEOの定説になっています。

 

このLuxeritasでも、『カスタムフィールド』でページごとにnoindex設定ができます。

以下、その方法を紹介します。

カスタムフィールドでページ単位にnoindex設定する方法

以下、Luxeritasの子テーマフォルダに入っているadd-header.phpに記載されている説明の引用です。

記事や固定ページ単位でヘッダーを追加したい場合は、記事投稿(編集)画面で、カスタムフィールドに addhead という名前を追加し、値の部分に CSS や Javascript を書くことで、ヘッダーを追加することもできます。

このように、Luxeritasには、カスタムフィールドを使ってheader内にタグを追加する機能が備わっています。

以下、記事ごとにnoindexを設定する手順です。

ちなみに、

Googleにページをインデックスして欲しくないけれど、そのページに貼られているリンクはロボットに辿って欲しい時は、設定値をnoindex, follow

ページをインデックスして欲しくないし、リンクも辿って欲しくないという場合はnoindex, nofollow

となります。

手順1:記事編集画面にカスタムフィードを表示

WordPressの記事編集画面の右上に表示されている『表示オプション』をクリックし、『カスタムフィールド』にチェックを入れます。

これで、記事編集画面の下の方に、カスタムフィールドを設定するボックスが表示されます。

手順2:カスタムフィールドに必要な情報を入力する

まず、カスタムフィールドの『新規追加』をクリック。

次に『名前』の欄に、

addhead

そして『値』の欄に、

<meta name=”robots” content=”noindex, follow” />

とそれぞれ入力し、『カスタムフィールドを追加』をクリックします。

これだけで作業は完了です。

念のため、上記手順でnoindex, follow設定をしたページのソースを見て、カスタムフィールドに追加したメタタグが入っていることを確認してみて下さい。

以上、人気の無料WordPressテーマ『Luxeritas』で、ページごとにnoindexを設定する方法でした。

Luxeritasの関連記事リストにインフィード広告を表示(プラグイン不要) Luxeritasの「見出し・引用」をカスタマイズ(H2・H3・blockquote)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です