【メバル職人メバダートレビュー】初心者におすすめルアー【エコギア】

ECOGEAR

メバルは、堤防で釣れるポピュラーな魚のひとつ。

メバルはもちろんエサ釣りでも釣れますが、ルアー釣りの対象魚としても人気が高い魚です。

メバルのルアー釣りは「メバリング」と呼ばれており、足場の良い堤防から狙えることから、ルアー釣り初心者にもおすすめ。

この記事では、私がメバルのルアー釣りで爆釣を経験したソフトルアーエコギア(Ecogear) メバル職人 メバダートを紹介したいと思います。

ソフトルアー「メバル職人 メバダート」とは?

エコギアは、国内トップの釣り餌メーカー「マルキュー」が立ち上げたソフトルアーのブランドです。

エコギア「メバル職人」は、メバルのルアー釣りに特化したソフトルアーのシリーズ。

そして、メバル職人シリーズの中で一番小さいソフトルアーが、この記事で紹介するメバル職人 メバダートです。

その大きさは、わずか1インチ(約2.5cm)。

1インチという極小シルエットのなかに、切れ味鋭いダートを生み出すギミックを凝縮したニューコンセプトベイト。ナイトゲームはもちろん、リアクションバイトを積極的に狙うデイゲームにおいても絶大な効果を発揮します。ECOGEAR

・・・カタカナ英語が多くて何だか良くわかりませんが、とにかくメバルがすごく釣れそうですね(笑)

というか、実際に釣れました。

「メバル職人 メバダート」はルアーアクションが簡単

ルアーに動きを付けるルアーアクションって、ルアー釣り初心者には何だか難しそうに感じますよね。

でも、メバル職人 メバダートのルアーアクションは、初心者でも簡単です。

ルアーをチョンチョンと軽く弾くように何回か動かす(ダート)

竿先を下げて、ルアーを自然に沈めてやる(フォール)

これだけです。

まずは、ルアーを海中でチョンチョンと動かしてメバルに強烈な誘いを掛ける。

そして、ルアーの動きを止めて自然に沈めてやると、フワフワと沈んでいくルアーにメバルがたまらず食いつく、という流れになります。

「メバル職人 メバダート」におすすめのジグヘッドは「アジチョンヘッド」

ECOGEAR

メーカーがオススメするジグヘッド(オモリが付いているワーム用のフック)は、同じくエコギアのアジチョンヘッド

エコギア アジチョンヘッドメバダートを組み合わせることで、先ほどの動画のような、まるで小エビか小魚が海中で暴れているかのようなアクションを生み出すことができます。

エコギア アジチョンヘッドには、0.4g~2.5gまでいくつかのバリエーションがあります。

重さアジ針のサイズ
0.4g7号
0.6g7号
0.9g7号
1.2g7号
1.5g7号
2.0g8号
2.5g8号

ルアー釣り初心者は、アジチョンヘッド 1.5gから始めてみることをオススメします。

これは、オモリが軽すぎるとルアーのアクションを手元で感じにくいためです。

1.5gのアジチョンヘッドなら、ある程度の重さになりますので扱いやすく、針のサイズが7号と小さいため、小メバルも針にかかりやすくなります。

「メバル職人 メバダート」は豊富なカラーバリエーション

ECOGEAR

全国のメバルエキスパートたちがオススメする、こだわりのカラーのみをチョイス。ECOGEAR

メバダートは、カラーバリエーションも豊富。

釣り場の状況やメバルの活性に応じて、最適なカラーを選ぶことが出来ます。

ただ、メバリング初心者にとっては、このバリエーションの多さがむしろ悩みの種になりますよね。

行く予定の釣り場では、何色のルアーが釣果を出しているのかが判れば、それに従ってカラーを選ぶのがベスト。

そうでなければ最低限、ピンクグロウ(夜光)と、もうひとつ、

の2パターンは用意しておいた方が良いでしょう。

「メバル職人 メバダート」を使ってみた

メバダートでメバル爆釣!

実際に、夕マズメ~夜のメバリングでピンクグロウ(夜光)パールグロウ(夜光)の2種類を使ってみました。

ジグヘッドは、エコギアおすすめのアジチョンヘッド 1.5g

すると、さっそく1投目、しかもメバダートを落としている最中にメバルがヒット!

ピンクグロウ(夜光)パールグロウ(夜光)のどちらもメバルの反応が非常に良く、その後も、20cm弱がメインでしたが、次から次へとメバルがヒットする爆釣モードが続きました

ちなみに、魚の活性が最高潮となった時間帯には、メバダートに何もアクションを入れなくても(置き竿にしていても!)メバルが食いついてくるほどで、もはやルアーテクニックなど関係なしでした(笑)

メバダートは小型青物にも効く

メバダートを使ったこの夜は、メバルに交じって小サバもぽつぽつと釣れました。

また、別の日のデイゲームでは、軽く沖の方向に投げてからのリトリーブ(一定のスピードでリールを巻き続ける=通常「ただ巻き」)で、サヨリがメバダートを追いかけてきてそのままヒット!

このように、メバダートなら、メバルだけでなく、サバ・サヨリといった堤防でポピュラーな小型青物も楽しめます。

メバダートは耐久性も良好

メバダートは、非常に小さいながら耐久性も良好です。

一度フグが掛かって噛み切られましたが、メバル・サバを合計30匹ぐらい上げても大きなダメージがありませんでした。

エコギア「メバル職人 メバダート」レビューまとめ

エコギア「メバル職人」は、メバルのルアー釣りに特化したソフトルアーのシリーズ。

そして、メバル職人シリーズの中で一番小さいソフトルアーが、この記事で紹介したメバル職人 メバダートです。

  • わずか1インチ(約2.5cm)の極小ボディ
  • ルアーアクションも簡単
  • 全国のエキスパートおすすめの豊富なカラーバリエーション
  • 堤防でポピュラーな小型青物にもアピール
  • ジグヘッドにはエコギアおすすめのアジチョンヘッド

初心者にもオススメのライトなルアー釣り「メバリング」。

メバダートアジチョンヘッドを手に、堤防に出掛けてみてはいかがでしょうか。

>>初心者におすすめのお手頃でライトなルアーロッド【メバル・アジ】

初心者におすすめのお手頃でライトなルアーロッド【メバル・アジ】

>>【パワーイソメ レビュー】本物そっくりの人工エサ|釣れない?釣れる?

【パワーイソメ レビュー】本物そっくりの人工エサ|釣れない?釣れる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。