HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)を徹底レビュー!使い方や口コミ・評判も

「HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)ってどうなの?」

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)は、ビジネス英語を身に付けたい人にピッタリのアプリ。

英作文+スピーキングで英語をアウトプットする力を鍛えるオンライン教材です。

やっぱり、自分で頭をひねって英作文して、さらにそれを声に出すという作業をすると、記憶への定着率が全然違います。

また、リアルタイムの英会話と違い、自分のペースで課題をこなせるので、

「オンライン英会話で講師と話すのは緊張するから苦手・・・」

という人にもオススメです。

日本人に足りない英語のアウトプットに焦点を当てた新時代の英語学習サービスHiNative Trek。

この記事では、独学でTOEIC点を突破し会社の国際部門に勤務する私が、このHiNative Trekをレビューします。

なお、始めにお話ししておきますがHiNative Trekは、

  • ビジネス英語を身に付ける必要がまったくない
  • 英語初心者
  • 毎日20~30分程度の時間を確保するつもりがない

このような人には向きません。

「自分はひとつも当てはまらない!」

という人は、どうぞこの先をお読みください。

 

あ、そうでない人も、

「こんな英語学習サービスがあるんだ!」

ということを知っていただきたいので、是非この先をお読みくださいw

↓公式サイトへ

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)とはどんな英語教材?

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)は、英作文+スピーキングで英語をアウトプットする力を鍛えるオンライン教材。

日本人がなかなか英語を身につけられないのはアウトプット、つまり英作文をしたり英語を口に出す量が足りないから。

HiNative Trekは、日本人に足りない英語のアウトプットを学べる新時代の英語学習サービスです。

パソコンのブラウザからだけでなく、スマホアプリでも利用可能。

スマホがあればちょっとしたスキマ時間に英語を学習できるので、忙しい社会人にはピッタリですね。

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)はこんな人におすすめ

  • 仕事で使えるビジネス英語を身に付けたい
  • 英文は読めるけど、いざ英会話となると口から英語が出てこない
  • 英語を話せるようになりたいけど英会話教室に通うのが面倒
  • オンライン英会話は緊張するから苦手
  • スキマ時間を効率的に使いたい

↓公式サイトで詳しくチェック

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)の基本的な使い方

課題提出~添削が届くまで流れ

HiNative Trekの課題提出~添削が届くまでの流れはとてもシンプル。

  1. 毎日(月~金)課題が届く
  2. 課題に沿って英作文、作った英文とその読み上げ音声を投稿
  3. すぐに音声付きの模範回答が届くのでチェック
  4. 当日~翌日に英語ネイティブによる音声付きの添削が届く
  5. わからない部分があればネイティブに質問(3往復まで可)

課題提出のしかた

手順1
課題を選ぶ
HiNative Trekログイン後に表示されるホーム画面に課題が新しい順に並んで表示されています。この中からやりたい課題を選んでクリックします。

手順2
課題のテキストを読む
課題の内容が表示されますので、まずは課題のテキストを読みます。「語彙」と書かれたリンクをクリックすると、テキストで使われている英単語の意味をチェックすることができます。

手順3
課題の内容をチェック
テキストの下に、提出する課題についての指示が記載されていますので、それを読んで理解します。

手順4
課題を提出
先ほどの指示に従って、ボックスに英文を入力します。次に、マイクのアイコンをクリックしてスマホのマイクに向かって先ほど入力した英文を声に出して読み録音。終わったら再度マイクのアイコンをクリック。最後に提出ボタンを押します。

手順5
提出完了
提出が完了すると、その内容が書かれたフキダシが表示されいます。

手順5
模範回答をチェック
課題提出が完了すると、同時にその下に模範解答が書かれたフキダシが表示されます。模範回答は、ネイティブの読み上げ音声を聞くこともできます。

↓公式サイトでもっと詳しく

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)は先生からのフィードバックの質が高い

では、HiNative Trekで課題を提出すると、ネイティブの先生からどんなフィードバックが届くのか?

結論としては、とても丁寧でクオリティの高いフードバックが返ってきます。

また、13時までに課題を提出すると、その日の18時ぐらいまでにフィードバックが届くという速さ!

課題提出が13時以降になっても、基本的には24時間以内にフィードバックが届きます。

実際に、私が提出した課題と、それに対する先生からのフィードバックをお見せします。

課題提出

今回の課題は「bring+誰々+on board」。

チームに誰々を新しいメンバーとして入れたい、という意味になる慣用句です。

この表現を使って以下のように英作文。

I would like to suggest that we bring someone fluent in Spanish on board to better communicate with our partners in Mexico.

(メキシコの取引先ともっと良くコミュニケーションが取れるように、誰かスペイン語が得意な人をチームに入れるのを提案したいのですが)

そして、この英文を読み上げる自分の声を録音して、上の英文と一緒に投稿します。

すると、

  1. 英作文の添削
  2. 模範の発音
  3. 発音チェック

この3つについてのフィードバックが届きます。

1. 英作文の添削

まずは、上の英作文の添削結果が↑こちら。

けっこうなボリュームですよね!

そして、

This is extremely well-written submission!

「すげー良く書けてるよ!」

とお褒めの言葉をいただきました。

ただ1点アドバイスが。

私は会話の出だしに「I would like to suggest ~」と控えめな表現を使ってしまいましたが、ここはもっとダイレクトに「I suggest that~」の方が自然だとのこと。

2. 模範の発音

続けて、模範の発音を聞ける音声が届きます。

これは、私が提出した英文の添削後の文章を、ネイティブが読み上げている音声になります。

3. 発音チェック

最後に、私の発音についての評価が届きました。

これは、提出した英文の読み上げ音声を元に、私の発音の悪いところを指摘してくれます。

この課題では、

Fantastic work on your voice answer! I don’t hear any mistakes!

「Fantasticで、ひとつもミスがない!」

と顔文字つきで高評価!

いやあ、ネイティブの先生にそう言ってもらえると、ただただうれしいですねw

3回まで質問が可能

先生からのフィードバックに何か質問があれば、画面に表示されている↑このような質問ボックスを使って、先生に聞くことができます。

ボックス下にあるマイクやカメラのアイコンをクリックすれば、音声や画像を付けて質問することができます。

私は別の課題で、指摘された発音の悪い箇所を再度録音して、先生にもう1度聞いてもらいました。

先生への質問は3往復までですが、そのぐらい質問できればほとんどの場合は納得いくまで聞けるのではないでしょうか。

↓公式サイト

実践的なビジネス英語教材を毎日配信!

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)の料金は高い?

HiNative Trekには、年額・月額の2つの料金プランがあります。

プラン 年額プラン 月額プラン
ひと月あたり料金 8,167円 9,800円
1年あたり料金 98,000円 117,600円
1日あたり料金 約400円 約490円

お得なのは年額プラン。

年額プランだと実質的に2か月分の料金がタダになります。

また、1日あたりに直すと約400円。

(課題が届くのは月~金までなので、1ヶ月=20日として計算)

カフェでコーヒーを一杯飲むのを我慢すればまかなえる金額ですね。

まあ、フィリピン人講師による格安オンライン英会話スクールの1レッスン200円以下に比べると高く感じますが、

  • 先生はアメリカ人
  • 課題はリアルなビジネス英会話
  • 質の高いフィードバック

といった点を考えると、決して高い料金ではないでしょう。

オンライン英会話も、レッスンを受けられない日が多いと、結局は1レッスンあたりの単価が高くついてしまいますからね・・・。

また、オンライン英会話の格安プランは、1日1レッスンという縛りがあるのがほとんど。

「平日は忙しいから週末にまとめて受けたい!」

といったことができないんですよね。

その点HiNative Trekなら、その日できなかった課題は後日まとめて提出することができますので、料金を無駄にすることがありません。

↓公式サイトでもっと詳しく

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)にお得なクーポンはあるの?

オンライン英会話教材の中には「料金1,000円オフ!」といったお得なクーポンを配っているところもありますよね。

「じゃあ、HiNative Trekにも割引クーポンが?!」

・・・残念ながら、ネット上をくまなく探してみましたが、HiNative Trekにはそういったお得なクーポンが無いようです。

現時点で一番お得なのは、実質2ヶ月分の料金が無料になる年額プラン。

この記事をここまで読んで、

「HiNative Trekなら長く続けられそう!」

と思った人は、お得な年額プラン一択ではないでしょうか。

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)よくある質問

どれぐらいの英語力があればHiNative Trekを使える?

HiNative Trekの公式サイトによれば、

辞書等の助けを借りて、TechCrunch等の英語記事を読むことはできるが、 いざカンファレンス等で英語を話そうとすると、言いたいことが出てこないような方が対象です。
アウトプットの機会を作ることが大事なので、課題自体は辞書等のツールを使って回答しても大丈夫です。

とのこと。

実際にTechCrunchの記事を読んでみて、

「ところどころ分からない英単語はあるけど、辞書で調べながらだったら記事の内容を理解できる」

というレベルなら、HiNative Trekの課題を何とかこなせそうですね。

一方、

「意味がわからない英単語が多すぎて読み進めない!」

「どれが主語でどれが動詞とか、文の構造が全くわからない!」

というレベルの人は、まず基本的な英単語や英文法をしっかりとインプットしてからHiNative Trekに挑戦した方が良さそうです。

また、先生は基本的に日本語ができませんので、質問も英語ですることになります。

そういった点からも、TOEICのレベルで言えば最低でも500点以上、できれば700点以上欲しいかな・・・。

課題は必ず毎日やらなきゃいけないの?

いいえ、HiNative Trekでは、その日にできなかった課題を後日まとめて提出することができます。

公式サイトによれば、課題が発表されてから30日間以内なら提出可能とのこと。

もちろん、毎日提出がルーチンワークになれば最強ですが、忙しい社会人だとそれが難しい時もありますよね。

課題を後日提出できるHiNative Trekのシステムなら、

「今日は忙しくて課題を提出できなかった!」

という時も、料金を無駄にしなくて済みます。

先生からのフィードバックはいつ来るの?

13時までに提出した課題には、その日の18時位までに先生からフィードバックが届きます。

課題の提出が13時以降の場合は、24時間以内です。

無料お試し期間はあるの?

HiNarive Trekには無料お試し期間がありません。

例えば同じオンライン英会話アプリのスタディサプリENGLISHだと、最初の7日間は無料で全機能を使うことができるんですけどね・・・。

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)の口コミ・評判

HiNative Trekを実際に使っている人、使用を検討している人からの口コミ・評判を集めてみました。


こちらはHiNative Trekを1年間やり続けた方の口コミですね。
残念ながらHiNative Trekをやる前とやった後で英語力がどのぐらい上がったかは呟かれていませんでしたが、「かなり良かった」とのこと。


こちらはHiNative Trekの課題を溜めてしまったしまった方ですw
毎日やるのが良いとわかっていても、それがなかなか難しい時もありますよね。
でも、あとで課題をまとめて提出できるのがHiNative Trekの良いところです。


こちらはHiNative Trekを検討中の方。
英会話で何か話した後に英単語や文法の間違いに気づいたり、自分が書いた英文に不安を感じながらメールの送信ボタンを押す時ってありますよね・・・。


こちらもHiNative Trekを検討中の方。
やはりHiNative Trekは全くの英語初心者には内容が難しいので、基本的な英単語・英文法をしっかりインプットしてからの方が良いと思います。

↓公式サイトで詳しくチェック

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)まとめ

日本人がなかなか英語を身につけられないのはアウトプット、つまり英作文をしたり英語を口に出す量が足りないから。

HiNative Trekは、日本人に足りない英語のアウトプットを学べる新時代の英語学習サービスです。

やはり、自分で頭をひねって英作文して、さらにそれを声に出すという作業をすると、記憶への定着率が全然違います。

  • スマホひとつあればスキマ時間に英語を学習できる
  • 先生からのフィードバックの質が高い
  • 1日あたり約400円とコーヒー一杯程度の料金
  • その日できなかった課題もあとでまとめて提出できる

HiNative Trekの課題は実践的なビジネス英語をあつかっていますので、全くの英語初心者には内容がちょっと難しいですが、

  • 仕事で使えるビジネス英語を身に付けたい
  • 英文は読めるけど、いざ英会話となると口から英語が出てこない
  • 英語を話せるようになりたいけど英会話教室に通うのが面倒
  • オンライン英会話は緊張するから苦手
  • スキマ時間を効率的に使いたい

このような人にオススメです。

以上、独学でTOEIC900点を突破し会社の国際部門に勤務する私によるHiNative Trekのレビューでした。

↓公式サイトへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です