30代社会人が独学で英語を話せるようになった「たった1つの理由」

英語×サラリーマン、略して「えいさら」は、英語を身につけたい社会人を応援したいブログです。

私は長年、英語とは無縁の社会人生活を送っていました。

しかし30代中盤、あるきっかけで英語の独学をスタートし、その後TOEICスコア930点を取得。

会社の国際部門で、日常的に英語を使って仕事をしています。

このブログでは、30代からの独学で英語が話せるようになった社会人の私が、

  • 英語を身につけるにはどんな勉強をすればいいの?
  • 英語の勉強にオススメの教材やアプリは?
  • この英語教材って効果あるの?
  • TOEICのスコアを伸ばすにはどうすればいいの?

そんな疑問や悩みがあるあなたに役立つ情報をお届けします。

なお、さっきから「社会人、社会人・・・」と言っていますが、もちろん学生・主婦のあなたが読んでも役に立つはず。

英語を話せるようになりたい人の疑問や悩みは、共通するものが多いですからね。

このページでは自己紹介を兼ね、

  1. 30代から独学を始めてどのぐらいの英語力を身につけたのか?
  2. 私が30代になって英語の独学を始めたきっかけ
  3. 30代社会人が独学で英語を話せるようになった「たった1つの理由」

についてお話します。

私の英語力|独学でどのぐらい英語が話せるようになるの?

「独学で英語を身につけたって言ってるけど、ぶっちゃけどのぐらい英語が話せるようになったの?」

まずは、英語と無縁の社会人生活を送っていた私が、30代からの独学で英語をどのぐらい話せるようになったのかをお話します。

英語を話せるけど「ネイティブ並みにペラペラ」ではない

最初に正直に言ってしまいますが、

残念ながら「ネイティブ並みに英語ペラペラ」と胸を張って言えるレベルではありません。

海外ドラマ・映画はあまりよく聞き取れません。

英字新聞も、意味がわからない単語が多くて完全には理解できません。

でも、ネイティブ・レベルからは程遠いながらも、

  • よほど専門的な話題でなければ、相手が話していることをほとんど理解できる
  • ペラペラではないが、英語のミーティングでは言いたいことをだいたい英語で言える
  • 海外旅行ではトラブルがあっても言葉で困ることはない
  • 一般的な英語のビジネス文書は余裕で読める
  • 日常的なビジネスメールは辞書なしでサクサク書ける

このように、それなりに英語でコミュニケーションが取れるようになりました。

簡単に言えば

「何とか英語で仕事をこなせるレベル」

という感じです。

 

「その程度のヤツが書いているブログなんて、ゴミ・クズ・読む価値なし!」

と思われた方は、もっと英語レベルが高い人のブログをご覧くださいw

 

ただ、

「留学しなくても、独学でそのぐらいの英語を身につけることができるのか!」

 

「30代からでも遅くないのか! まずは仕事をしながらそのレベルを目指したい!」

と希望を感じた人は、きっとこのブログで多少なりとも有益な情報を見つけられるはずです。

30代の社会人が英語の独学を始めたきっかけ

ここからは、社会人の私が30代になってから英語の独学を始めたきっかけについてお話します。

英語とは無縁のサラリーマンが国際部門へ

  • 留学経験・海外での生活経験は全くなし
  • TOEIC・英検といった英語試験は全く受けたことなし
  • 社会人になってから英語と無縁

私はこのように、英語とは縁のない人生を歩んできました。

ところが35才の時、社内の人事異動で、英語力を求められる部署で働くことになります。

ぜんぜん英語できないのに、なんで俺なんだろう・・・

ていうか、この会社の人事部、大丈夫か?!

当時は驚きのあまり、異動の辞令書を2度、いや、少なくとも3度は見直しました。

英語ができないヤツはモノを言えぬ雰囲気

そこは海外とのやりとりが多い部署。

まわりを見渡すと、留学や海外勤務の経験がある人や、大学の英文科を卒業した人など英語がデキる人ばかり。

英語ができなかった私は、上司から

「翻訳・通訳は、無理しないで英語ができるアシスタントにお願いすればいいよ」

と言われました。

しかし、日常的に英語が飛び交うオフィスは、まるで「英語ができないヤツはモノを言えぬ」といった雰囲気。

英語ができない私は、そんな環境の中で非常に肩身の狭い思いをしていました。

多少の被害妄想も入っています。実際は優しい人ばかりでした(笑)

英語学習を決意

やはりみんなと対等に仕事をするには、英語ができなくてはダメだ

多少負けず嫌いなところもある私は、

英語が出来ないヤツがモノを言えぬなら、モノを言える立場になってやろう!

このように逆境(?)をチャンスと考えることにして、英語学習を決意しました。

TOEIC初受験で745点を取得

そして、英語学習を始めて約5ヶ月後、TOEIC初受験でスコア745点を取得しました

他の英語ができるスタッフに比べれば、まだまだ見劣りするスコア。

でも、思っていた以上の結果を出すことができた私は、

英語というのは、やればできるモノ!

ということを肌で感じました。

ちなみに、TOEIC745点を取得した頃の私の実際の英語力については以下の記事をご覧ください。

TOEIC730点レベルの実際の英語力・一般的な評価とは?

また、このぐらいのレベルになると、英語習得による様々なメリットを感じ始めます。

英語を勉強するとどんなメリットがあるかについては、以下の記事をご覧ください。

社会人が英語を習得するメリット|収入アップとか

TOEIC930取得、英語で業務をこなせるレベルに

その後も波はありつつも英語の勉強を継続。

TOEICのスコアも、

745点→820点→870点→930点

と、受験するたびに順調に伸びて行きました。

決して「ネイティブ並みに英語がペラペラ」と胸を張って言えるレベルではありませんが、気が付けば、

  • 英語での日常的なメールのやりとり
  • 年に数回の海外出張
  • 海外からのお客さんとの打ち合わせ
  • 英語でスカイプミーティング

といった仕事を、なんとか英語でこなせる程度の英語力になっていました。

↓以下の記事では、私が実際に使った英語学習教材の中から厳選したオススメを紹介しています。

独学でTOEIC900点を超えた私のオススメ英語学習本まとめ

独学でも英語が話せるようになった「たった1つの理由」

英語とは無縁の社会人生活を送っていた私が、30代から英語の独学を始めてそれなりに英語が話せるようになった、たった1つの理由。

それは、

英語の勉強を続けたから。

それに尽きます。

 

「は?! ここまで引っ張っておいて、それだけかよ・・・」

「期待ハズレもいいとこだわ!」

そう思った人は、ぜひ以下のデータを見てください。

英語の勉強を始めるだけで半分以上の人を一歩リードできる

 

自主的な英語の学習状況

自主的な英語の学習状況(マイボイスコムの調査結果を基に作成)

このグラフは、リサーチ会社マイボイスコムが実施した「英語教育」に関するインターネット調査結果を基に私が作成したものです。

これを見ると、半数以上(53.8%)の人は、自主的に英語の勉強をしたことすらありません。

つまり、英語の勉強を始めるだけで、半分以上の人を一歩リードしていることになります。

英語学習の挫折率は8割!

そして、さらに注目すべきはそこからの挫折率です。

もう一度さっきの円グラフをみてください。

自主的な英語の学習状況

自主的な英語の学習状況(マイボイスコムの調査結果を基に作成)

このグラフのうち、

以前学習していたが、現在は学習していない 37.7%

これは見方を変えれば「英語の学習を途中で挫折した人の割合」と言えます。

(もちろん、英語をある程度のレベルまで習得できたので学習をやめた、またはアンケート調査の時点で学習をお休みしていたなんて人も多少は含まれるかと思います)

この挫折組37.7%と、「現在英語を学習している人」7.9%を合わせると45.6%。

この数字から分かるのは、

2人に1人は何かをきっかけに英語の学習を始めるが、

 

なんとそのうち8割(37.7%÷45.6%)は途中で挫折してしまう

ということです。

ここまでのデータ分析から、

  • 半分以上の人は英語の勉強を始めることすらしない
  • 英語の勉強を始めた残り半分のうち8割の人は途中で挫折
  • つまり、コツコツと英語の勉強を続けられる人は全体で「たったの7.9%」しかいない

ということがわかりますよね。

英語の勉強を続けられるだけで希少価値!

残念ながらほとんどの人は、英語の勉強に取り掛かることすらしない、また取り掛かったとしても途中で挫折してしまいます。

ということは、

英語の勉強を続けられるあなたには希少価値がある

と言えます。

実際、私のまわりにいる英語を話せるようになった人たちは粘り強く勉強を続けてきた人ばかり。

(ネイティブや生粋のバイリンガルは除く)

この「英語学習」サバイバルを生き残った数%の人だけが到達することができます!

 

・・・なんて大げさな言いかたをしてしまいましたが、

簡単に言えば、英語は時間をかけた分だけ上達します。

私自身、英語の独学を始めたものの、

  • 英単語がなかなか覚えられなくて単語帳をカベに投げつけそうになる
  • 英語がうまい同僚と自分を比べ、圧倒的な差を感じて落ち込む

といったように、挫折しそうになることが何度もありました・・・。

でも、

  • 英語がイヤになったらちょっと勉強をお休みする
  • 人と比べても仕方がない。問題は自分が成長してるかどうか

そのようにして、とにかく英語の勉強を続けました。

世の中にはさまざまな英語の勉強方法があります。

しかし、どの方法でも続かなければ意味がありませんよね・・・。

 

繰り返しますが、

私が30代から英語の独学を始めて、それなりに英語が話せるようになった「たった1つの理由」。

それは、

「英語の勉強を続けたから」

それに尽きます。

英語学習は挫折率がとても高いからこそ、勉強を続けることができれば、それがあなたの希少価値になり得ます。

30代社会人が独学で英語を話せるようになった「たった1つの理由」まとめ

英語とは無縁だった中年社会人の私が、

  1. 30代から独学を始めてどのぐらいの英語力を身につけたのか?
  2. 私が30代になって英語の独学を始めたきっかけ
  3. 30代社会人が独学で英語を話せるようになった「たった1つの理由」

についてお話ししました。

私の英語レベルは、残念ながら「ネイティブ並みに英語ペラペラ」と胸を張って言えるほどではありません。

でも、「何とか英語で仕事をこなせるレベル」までは独学でも到達できます。

そのためには、とにかく英語の勉強を続けること。

挫折率が高い英語学習では、英語の勉強を続けるだけで希少な存在になり得ます。

「これから英語の勉強を始めようと思っている」

 

「どんな英語教材がいいのか悩んでいる」

 

「英語学習を始めたけどつまずいている」

このブログが、そんな疑問や悩みの解決に少しでも役立てれば幸いです。

英語の勉強を始める初心者の方にまず読んでほしい記事まとめ TOEICの平均点・スコア分布|点数別の英語力レベル・勉強方法まとめ 独学でTOEIC900点を超えた私のオススメ英語学習本まとめ
英語教材レビュー
独学でTOEIC900点を超えた私が実際に使ったことがあるものを中心に、英語学習本、オンライン英会話スクール、無料・有料のオンラインツールなどをレビューするカテゴリです。

TOEIC
TOEICのスコアレベル毎の学習法、TOEICスコアアップに役立つ情報やオススメ教材などを紹介するカテゴリです。