ドンマイ=Don’t mindは和製英語|本当の意味は?

【ドンマイ】は、誰かがスポーツでミスをした時などに、

「気にすんな!」

といった意味の励ましの言葉として使われています。

 

この【ドンマイ】、英語の【Don’t Mind】から来ていますが、英語学習者にとっては残念なことに、和製英語だそうです。

 

この記事では、

  • ネイティブに【ドンマイ】と言ったらどんな意味に捉えられるのか?
  • 【ドンマイ】は英語で何て言えばいいのか?

についてお話したいと思います。

ネイティブに【ドンマイ】と言ったら?

Wasei-eigo word coming from English: don’t mind
often said when someone makes an error in a sport

出典:JapanDict

 

ドンマイは、英語の【don’t mind】から来ている和製英語で、スポーツで誰かが失敗した時にしばしば使われる

と説明されています。

 

ドンマイの元となったこの【don’t mind】、英語ネイティブスピーカーは、

「私は構いませんよ、気にしませんよ」

という意味に捉えるとのこと。

 

これは、【don’t mind】が相手に許可を求める英語表現、

Do you mind if ~?(~しても良いですか?)

への応答である、

I don’t mind.(構いませんよ)

として使われるのが普通だからですね。

 

私がおすすめしている単語集DUO3.0にも、この「Do you mind if ~?」を使った例文が載っていました。

 

Do you mind if I stop by your house?
君の家に寄ってもいいかい?

 

No, not at all. Be my guest!
もちろんいいわよ。気兼ねなく!

 

・・・どんな状況の会話なのか妄想が膨らみますが、こんな例文が載っているのも、DUO3.0の良いところです。

>>DUO3.0だけでTOEIC700点台を取得 – DUO3.0を選んだ理由とその勉強方法

 

このDUO3.0の例文では、肝心の【Don’t mind】が省略されてしまっていますが、これをフルセンテンスに補うと、

No, I don’t mind at all. Be my guest!

という感じでしょうか。

 

ですので、スポーツでチームメイトがミスをした時に

「Don’t mind!」

と言ってしまうと、相手を励ますつもりが、

「あなたがミスしても私は気にしませんよ」

「私には関係ありませんよ」

という意味に受け取られかねません。

ドンマイは英語で何て言う?

では、英語で【ドンマイ】にあたる表現は何かと言うと、

Don’t worry about it.

になります。

 

【例文1】
TOEICで900点を目指していましたが、残念ながらスコアは895点でした。

I failed to get 900.
900点取り損ねちゃったよ

 

Don’t worry about it. You can try it again.
気にすることないわよ、また挑戦すればいいわ

 

【例文2】
2人で夕食を食べに行った時に、財布を忘れたのに気づきました。

I’m sorry. I left my wallet at home.
ごめん、財布を家に忘れてきちゃった

 

Don’t worry about it. I’ll buy your dinner.
心配しないで、私がおごるわ

カッコよく夕食をオゴろうとしたのに、逆にオゴられる結果となりました。

 

なお、【Don’t worry about it】のほか、

  • Never mind.
  • That’s OK.

なども「気にするな」「心配するな」の意味になります。

ドンマイは死語?

本題から少し外れます。

【ドンマイ】は、私たちのように昭和の時代に青春を過ごした世代にはとても馴染みのあるフレーズです。

夏の校庭、仲間と汗を流した遠い記憶を思い出しますね。

 

一方、ウチの小学生の息子に【ドンマイ】を使うか聞いてみたところ、

「ドンマイ? 意味は知ってるけど、普通は

『大丈夫、大丈夫。次があるから!』

『気にしないで、次がんばろう!』

とか言う。」

とのこと。

 

最近の子供たちは【ドンマイ】を使わないみたいで、どうやら既に死語になりつつあるようです。

 

>>【和製英語】ネイティブに通じない?カタカナ英語の記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です