【カルディvsジュピター】カヤジャムを日本で買う|カヤトーストを作るコツも

カヤトーストは、ココナッツミルクで作った「カヤ」というジャムをカリカリに焼いた薄切りトーストに塗った、シンガポール・ローカルフードの代表格。

シンガポール旅行で、あのクセになる甘さとバターの塩気の絶妙なコンビネーションにハマった人も多いのではないでしょうか?

このカヤトーストに使われる「カヤジャム」は、日本国内でも手に入れることができます。

輸入食品も取り扱っている大手の自家焙煎コーヒーチェーン「カルディ」と「ジュピター」。

この2つのショップでは、それぞれ違うブランドのカヤジャムを販売しています。

この記事では、

  • カヤジャム・カヤトーストとは?
  • カルディとジュピターで買えるカヤジャム
  • カヤトーストをおいしく作るポイント

についてお話しします。

カヤジャム・カヤトーストとは?

カヤジャム」は、主にココナッツミルクと卵で作られたジャムです。

このカヤジャムを、たっぷりのバターとともに薄切りのトーストに挟んだものが、シンガポールのローカルフード代表格「カヤトースト」です。

カヤジャムのココナッツミルクの甘い香りと、バターの塩気の組み合わせが何とも絶妙。

一度食べるとハマってしまう人が続出です。

Ya Kun Kaya Toast

シンガポールで一番人気のカヤトースト店は、ヤ・クン・カヤ・トースト(Ya Kun Kaya Toast)

このヤ・クンはチェーン展開しているので、ショッピングセンター・観光地などシンガポールの様々な場所で店舗を見かけます。

シンガポール旅行中、家族全員でカヤトーストにハマった私たちは、このヤ・クンを見かけるたびに、店の中に吸い込まれていきました。

ヤ・クンでは、茶色っぽい薄切りのパンを使用しています。

良くトーストされたこのパンは、ザクザクとしたとても軽い食感です。

カルディとジュピターで買えるカヤジャム

カルディのカヤジャム

カルディコーヒーファームは、自家焙煎のコーヒー豆を主力としつつ、各国から輸入した食材や菓子、アルコール類の販売で全国展開している超有名ショップです。

このカルディ、以前はハイズ(Hai’s)というブランドのマレーシア産カヤジャムを取り扱っていました。

現在は、シンガポールの「カヤミラ」というブランドのものが販売されています。

以前カルディで取り扱っていたHai’sのカヤジャムは、色が緑っぽくて、食感もシンガポールの人気店「ヤ・クン」で使われているものに比べてちょっと固め。

でも、現在販売されているカヤミラのカヤジャムは、色が茶色っぽくて食感も柔らかく、「ヤ・クン」のカヤジャムにかなり近いです。

カルディは楽天市場にオンラインショップを持っていますので、近くにカルディの店舗が無い人でもこのカヤミラのカヤジャムを買うことが出来ます。

焙煎コーヒー豆と世界の食材が揃う

話題の新作も続々入荷

カヤミラ ココナッツジャム(カヤ) 220g

ジュピターのカヤジャム

ジュピターも、カルディと同様、自家焙煎コーヒーを主力としつつ輸入食材を取り扱っている、全国展開の超有名ショップです。

このジュピターで取り扱っているのは、アヤム(AYAM)というブランドのカヤジャム。

アヤムは、以前カルディが取り扱っていたHai’sと同じく、マレーシアの食材メーカーです。

このアヤムのカヤジャムの色も、シンガポールで食べたものを彷彿させる茶色。

『ねちょっ』とした食感も、現地で食べたカヤジャムに近いです。

カヤトーストをおいしく作るコツ

ポイントはトーストの2度焼き

カヤジャムを入手して、自宅でカヤトーストを作ってみました。

最初は単純に、

  1. パンを焼く
  2. 焼いたパンにカヤジャムを塗り、バターを挟む

という手順で作ってみましたが、どうもシンガポールで食べたあのカヤトーストから遠い感じ・・・。

「日本であのカヤトーストを再現するのは無理なのか?」

 

「シンガポールの暑い気候の下で食べるからこそのウマさだったのか?」

と、やや失意を感じながら調べてみると、

カヤトーストとは、すでに焼き上げられたパンにカヤと呼ばれるスプレッドを塗った上で、もう1度軽く焼き上げて作られる料理である。出典:Wikipedia

なるほど、焼いたパンにカヤを塗って、もう一度焼くという「2度焼き」がポイントのようです。

これにしたがって、

  1. まずはパンを焼く
  2. 焼いたパンにカヤジャムを塗り、もう一度軽く焼く
  3. 最後にバターを挟む

という順番で作ってみたところ、シンガポールで食べたカヤトーストにかなり近づきました

パンの食感も、この「2度焼き」によって、シンガポールで味わったようなザクザク感が強まります。

さらにコンデンスミルク入りコーヒーとあわせて

シンガポールでは、このカヤトーストと一緒に「コピ」と呼ばれるコンデンスミルク入りの甘いコーヒーを飲むのが定番です。

「甘いカヤトーストに甘いコーヒーかよ!」

と思いますよね。

でも、この2つの甘さの組み合わせが、なんともいえない絶妙なコンビネーションなんです。

日本で買えるカヤジャムまとめ

シンガポールのローカルフード代表格「カヤトースト」。

このカヤトーストに使われる「カヤジャム」は、日本でも手に入れることができます。

カルディでは「カヤミラ」、ジュピターでは「アヤム」と、それぞれ違ったブランドのカヤジャムを取り扱っています。

ココナッツミルクの甘い香りがたまらないカヤジャム。

シンガポールに行ったことの有無に関係なく、たっぷりのバターとあわせて、甘さと塩気の絶妙な組み合わせを楽しんでみてください。

トーストは2度焼きがポイントです。

カヤミラ ココナッツジャム(カヤ) 220g

なお、シンガポールにはカヤジャムの他にもおいしいローカルフードがたくさんあります。

シンガポールの味を日本で手軽に味わえるアイテムを紹介した以下の記事もぜひご覧ください。

シンガポール名物ハイナンチキンライスを炊飯器で簡単に|プリマテイストのペースト シンガポール名物ラクサを家庭で味わえる激ウマなインスタント麺 1泊4日!深夜便で行く週末シンガポール旅行|金曜の夜出発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です